小動き=東京為替前場概況

 東京外国為替市場中盤、ドル円は106.97円付近まで円高・ドル安推移した。シリアを巡る米国とロシアの緊迫感は後退しているものの、トランプ・リスクに怯える日々が続いている。米中貿易戦争の行方は依然として不透明。今日、明日と日米首脳会談が行われる。

 ユーロ円は132.46円付近、ポンド円は153.40円付近まで小幅安。ドル円の弱含みに圧迫されているが、値動きは限定的。

 豪ドル円は83.13円付近、NZドル円は78.66円付近まで弱含み。1-3月期の中国国内総生産(GDP)は前年比6.8%と、2015年以降は伸びがこう着しており、注目度は限定的。


日経平均株価は小幅続伸。前引けでは前営業日比1.86円高の2万1837.39円となった。

出所: KlugFXニュース(株式会社みんかぶ)

為替ニュース/コラム

一覧を見る