目先は“上値重い”、ただ一息ついたら“再び上値模索”…!?

※ご注意:予想期間は4月18日と表示されていますが、本日(4月17日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


やはり“シリア情勢”は「知ったら終い(しまい)」と認識されている印象があります。
一方で円安是正が迫られる可能性を秘めた“日米首脳会談”を控えていることから、「円買いへの思惑」は根強いものがあります。
このため“上値は重いが、下値もしっかり”という展開になりやすく、典型的な「様子見商状」を見せています。

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る