[4月17日版] 地政学リスク浮上も、NYダウは反発か?

4月13日、シリア情勢への警戒感もあり、NYダウは下落にて先週末を終えました。一方、16日が和らいだことを受け、NYダウは大きく下落しました。一方、シリアに向けて攻撃を行ったものの、そこまで地政学リスクは、そこまで憂慮されていない様子です。

日本株市場が大きく下落しなかったうえ、為替も特に円高が進行するなどの様子もなく、そこまで大きな心配をする必要がないかもしれません。16日20時時点で、NYダウ先物も堅調に値動きしています。

基本は週末の下落に対する「半値戻し」を期待して、反発に期待できるでしょう。目立った悪材料が無い限りは、強気姿勢で臨みたいところです。16日20時38分現在でCMEは対NY比+115ドル。やや強気な推移をしていますので、基本は強気なスタンスで臨みたいところですね~。

では、4月16日も1日、引き締めて行きましょう!

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る