株伸び悩みドル円も上値抑えられる ティラーソン解任の影響は限定的か=NY為替前半

 きょうのNY為替市場はドル売りが優勢となっている。朝方発表になった米消費者物価指数(CPI)が予想通りの内容だったことや、ティラーソン米国務長官の解任が発表され、米国債利回りの下げと伴にドルも下落している。

 今回のCPIや先週の米雇用統計の平均時給を受けて市場は、米利上げペースの拡大期待を一服させている。また、ティラーソン米国務長官の後任にはポンペオCIA長官が就任する予定だが、市場はこれについての影響は一時的との見方も多い。

 原油に利益確定売りが強まっていることや、米株もIT・ハイテク株中心に利益確定売りに押されていることもきょうは、ドルを圧迫している面もあるようだ。

 ドル円は朝方、107円台を回復していたものの106円台半ばに伸び悩んでいる。NY時間の早朝には107.30円近辺まで上昇していたが、米株式市場が戻り売りに押されており、ドル円も追随している格好。ドル円は106.65円付近に来ている21日線を回復し反転の狼煙をあげられるか注目の動きも見られている。ただ、いまのところは上値を抑えられているようだ。

 きょうはドル安・円安の動きも見られる中、クロス円が堅調な動きをしている。ユーロ円は東京時間の安値から100ポイント超上昇しており132円台を回復。一時132.45円付近まで上昇した。きょうの上げで200日線を上抜ける動きが出ており、リバウンド流れを加速させるか注目の展開となている。

 きょうの高値132.45円の水準は、2月初めからの下げのフィボナッチ38.2%戻しにあたる。38.2%戻しは反転相場の第1関門とも言え、突破できるようであれば、半値戻しの133.45円水準まで到達する可能性が高まる。なお、100日線もその付近に来ており、133円台半ばの水準は目先の上値メドとして意識される。

 また、ドル売りが加速する中、ユーロドルは買い戻しが強まっており1.24ドル台を回復している。先週はECB理事会直後に1.2445ドル付近まで上昇したが、その後のドラギ総裁の会見などを受け失速していた。その下げを取り戻す動きが見られている。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所: KlugFXニュース(株式会社みんかぶ)

為替ニュース/コラム

一覧を見る