ドル円は戻り売り、ユーロドルは押し目買いで参入する。

ドル円は朝方から111.50手前が重たいと思っていましたが、逆に下値も110.85が固く、111.00にはオプションがあるためそう大きく派落ちないイメージがありました。丁寧な戻り売りとしっかり買い戻す利食い千人力のスタンスが推奨でした。

111.44で朝方から売り指値を置いていましたが、一旦夕方から外出する用事があったので111.44売りは外したのですが、チャートを後で見たら高値は111.437買いまで。
その後110.999まで落ちているので、そのまま置いておいても売れなかったし、111.437が買いになったらすぐに付くと思って111.44売りをキャンセルして111.437を叩き売ることもしないでしょうから、結果的にはどちらにしても売れなかったんだなぁと思いました。

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る