ヴィオニアが大幅高 クアルコムが買収提案=米国株個別

株式 

 ヴィオニア<VNE>が大幅高。同社は自動車安全エレクトロニクス製品の製造を行う。半導体のクアルコム<QCOM>が46億ドルの現金での買収提案を行ったと伝わっている。1株37ドルでの買収提案。

 ヴィオニアに関しては既にカナダの自動車部品マグナ・インターナショナルが38億ドル規模の1株31.25ドルで買収提案を行っており、両社の取締役会も承認している。今回のクアルコムの提案はそれよりも18%高い水準。クアルコムは、今回の買収提案は株主の承認を必要とせず、現金で支払われると述べた。

(NY時間10:19)
ヴィオニア<VNE> 38.46(+7.21 +23.07%)
クアルコム<QCOM> 144.71(-3.51 -2.37%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ -5
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC