IBMが大幅安 売上高が予想下回り、10四半期連続の減収=ダウ採用銘柄

株式 

 IBMが大幅安となっておりダウ平均を圧迫している。10-12月期決算(第4四半期)を発表しており、売上高が予想を下回った。売上高は前年比で6.8%の減収となり、10四半期連続の減収となっている。クラウド部門の売上高が予想ほど伸びなかった。同社は今回もガイダンス公表を見送り、昨年4月に通期見通しを撤回して以降、示されていない。

 クリシュナCEOは経営資源をクラウドやAIへ注力する方針を示しているが、今回の決算からは進展が見られていない。同CEOは、成果は今後に出てくるとし、「年内の増収達成に自信がある」と説明していた。

 同社は昨年10月に、マネジドインフラストラクチャーサービス部門をスピンオフし、株式を上場する計画を発表。同部門は現在、グローバル・テクノロジーサービス部門に属し、顧客データセンター管理など日々のインフラサービス業務のほか、機器のインストールおよび修理・運用を支援する従来型のITサポートを手掛ける。同部門は売上高と人員の約25%を占めるが、顧客がクラウドに移行し、パンデミックでインフラの更新が遅れる中で事業は縮小している。スピンオフは年内完了を予定している。

(10-12月・第4四半期)
・1株営業利益(調整後):2.07ドル(予想:1.79ドル)
・売上高:204億ドル(予想:207億ドル)
  クラウド・コグニティブ:68.4億ドル(予想:72.6億ドル)
  ビジネスサービス:41.7億ドル(予想:41.7億ドル)
  テクノロジーサービス:65.7億ドル(予想:67.9億ドル)
  システム:25億ドル(予想:24.8億ドル)
  ファイナンス:2.86億ドル(予想:2.70億ドル)
・粗利益率(調整後):52.5%(予想:52.1%)

(NY時間09:52)
IBM 117.61(-14.04 -10.67%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 0
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC