小幅続伸、OPECの追加減産期待が下支え=NY原油概況

商品 

NY原油先物1月限(WTI)(終値)
1バレル=56.10(+0.14 +0.25%)
  
 ニューヨーク原油は小幅続伸。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が0.12~0.14ドル高。その他の限月は0.00~0.08ドル高。
 
 石油輸出国機構(OPEC)総会を控えて、減産規模の拡大が期待されていることが相場を下支えした。イラク石油相や関係筋の話から、日量40万バレルの追加減産が意識されている。ただ、トランプ米大統領が第1段階の合意について「期限はない」としたうえ、「中国との合意を大統領選後まで待つのは良い考えである」との認識を示し、米中通商協議の長期化が警戒されたことが重しとなった。合意がなければ今月15日に米国は新たな対中関税を発動する見通し。

 時間外取引で1月限は買いが優勢だったが、通常取引開始を控えて軟化すると55.35ドルまで下落。ただ、通常取引開始後は切り返し、引け近くには56.80ドルまで上げた。

MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 19
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 15
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

ヒロセ通商 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 19
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
ヒロセ通商 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標