ドル円は買い戻しが優勢、豪ドル理事会後に上昇=東京為替概況

今日の為替 

 ドル円は昨日のNY市場でISM製造業景気指数の弱い結果をきっかけに108円台まで値を落とした流れを受けて朝は109円前後でのスタート。その後買い戻しの動きが徐々に強まり、NY市場で108円台を付けた後の戻り高値を超えて109円21銭近辺まで買い戻され、その後も高値圏で推移という流れに。
 目立った新規材料が出たわけではなく、昨日の動きがあくまで指標結果を受けてこれまでのドル高ポジションが調整したものという認識で、東京市場に入って108円台を売りに回る勢いに欠ける展開となり、買い戻しが入る格好に。昨日は109円50銭台から108円93銭まで下げており、その分の戻しが少し入ったという形に。

 12時半に豪中銀金融政策理事会の結果が発表された。政策金利は事前見通し通り0.75%で現状維持。専門家予想でも維持見通しで一致しており、こちらには反応薄。声明は前回を基本的に踏襲。同じく据え置きとなった前回の理事会で、利下げが検討されていたことが議事録で明らかになっており、今回の声明で早期利下げに向けた変化が出るのではとの期待が一部で見られたが、前回踏襲の声明となったことで、豪ドルの買いに。豪長期債利回りの上昇なども招く展開となっており、豪ドルは対ドルで0..6820割れから0.6848まで。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

LIGHTFX 98

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 98

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資FX 86

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 99

ドル円 60
豪ドル円 21
トルコリラ円 60

みんなのFX 90

ドル円 60
豪ドル円 21
トルコリラ円 60

GMOクリック証券 83

ドル円 54
豪ドル円 20
トルコリラ円 45
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標