やや円売り優勢、ドル円は109.10付近=東京為替

為替 

中盤に差し掛かった東京外為市場では、円売りがやや優勢となっている。前日の取引では、ドル円が108.92付近まで軟化したが、今日の東京時間は、地合いをやや引き締めており、朝方の109円前後から109.10付近に小幅ながら水準を引き上げている。クロス円もしっかりとなっており、ユーロ円は120.80前後での取引となっている。
      
 午前10時15分現在、ドル円は1ドル=109.10前後、ユーロドルは1ユーロ=1.1071付近、ユーロ円は1ユーロ=120.78前後、ポンド円が1ポンド=141.09近辺、豪ドル円は1豪ドル=74.37前後で取引されている。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標