ドル円朝方調整の動きも、その後値を戻しもみ合いに転じる=東京為替概況

今日の為替 

 ドル円は朝方いったん調整の動きが広がった。前日のロンドン市場午後に米メディア記者の「中国政府は協議に悲観的」とのSNS投稿をきっかけに、それまで109円台で推移していたドル円が108円台半ば近くまで下落。少し戻して迎えた東京朝も、戻り売りの動きが優勢となり、朝方安値を更新して108円台半ば割れを付ける動きが見られた。
 しかし、売り一巡後は値を戻す展開に。108円台半ば割れでストップロス注文も落ち着き、ドル円は買い戻しが優勢となった。朝の下げ分を解消すると、その後は108円60銭前後でのもみ合い。日経平均に調整が入るなど、ややリスク警戒の動きが見られる中で戻りは鈍いが、再び突っ込んで売るだけの勢いも見られずとなった。

 ユーロやポンドも落ち着いた動きを見せる中、目立ったのは豪ドルの動き。

 豪中銀は11月5日の金融政策理事会議事要旨を発表。同理事会で追加緩和が議論され、決定される可能性があったことを明らかにした。今後の追加緩和の可能性も示し、豪州の早期追加緩和期待が押し上げられる形で豪ドル売りに。来月の理事会での据え置き期待については依然大勢となっており、影響は限定的。0.6810台から0.6780台まで一時値を落としたが、0.68ちょうど近辺に戻してのもみ合いに。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標