反発、OPECの追加減産期待や米中通商協議の楽観論で=NY原油概況

商品 

NY原油先物11月限(WTI)(終値)
1バレル=53.55(+0.96 +1.83%)

 ニューヨーク原油の期近は反発。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が0.95~0.96ドル高。その他の限月は0.48ドル安~0.93ドル高。
 
 石油輸出国機構のバルキンド事務局長の発言が年末のOPEC総会における追加減産を示唆したと受け止められたことや、米中通商協議の期待感が相場を押し上げた。バルキンド事務局長は「(12月の)総会は適切で力強く積極的な決定を下し、2020年に向け産油国を維持可能でより安定的な軌道に据える」、「全ての選択肢の可能性はある」と述べた。

 時間外取引から11月限は堅調に推移。通常取引開始後は53.77ドルまで一段高となった。

MINKABU PRESS

出所: MINKABU PRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 17
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 14
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 20
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標