カナダドルは買い優勢 米中協議への期待感で原油が上昇=NY為替

為替 

 NY時間の終盤に入ってカナダドルは伸び悩んでいるものの、きょうはカナダドルの買いが優勢となり、ドルカナダは一時1.3270加ドルまで下落する場面も見られている。

 きょうからワシントンで閣僚級の米中貿易協議が行われているが、部分的であるものの合意が形成されるのではとの期待感が出ている。この動きを受け商品市場で原油が上昇しており、カナダドルをサポートしている格好。

 きょうは8月のカナダの新築住宅価格指数が発表となっていたが、前月比0.1%と予想(ー0.1%)は上回った。ただ、カナダの住宅価格は上昇が一服している。カナダ中銀も住宅価格の落ち着きと伴に、家計負債の改善が見られると指摘していた。

 明日はカナダの雇用統計の発表が予定されている。前回が強い数字となったことで今回は雇用の伸びは鈍化が見込まれている。市場では年内の利下げ期待が根強く、カナダドルの上値を重くしている模様。

USD/CAD 1.3297 CAD/JPY 81.15

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

出所: MINKABU PRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

みんなのFX 95

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資 92

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)

パートナーズFX 91

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

みんなのFX 94

ドル円 65
豪ドル円 20
トルコリラ円 85

パートナーズFXnano 84

ドル円 65
豪ドル円 20
トルコリラ円 81

外為どっとコム 77

ドル円 59
豪ドル円 14
トルコリラ円 81
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標