リスク回避の円買い、米中の対立と英欧合意への暗雲で=ロンドン為替概況

今日の為替 

リスク回避の円買い、米中の対立と英欧合意への暗雲で=ロンドン為替概況

 8日のロンドン市場は、リスク回避の円買いが強まっている。東京市場では中国が部分合意を示唆したことが好感されていたが、ロンドン時間に入るとムードが一変している。米国の対中国企業ブラックリストの追加措置に対し、中国側が対抗措置を示唆した。さらに米国は年金基金における中国株投資の制限を検討していると報じられている。中国交渉団はワシントンでの交渉を早期に引き上げる可能性も報じれた。また、英欧ブレグジット交渉にも暗雲が立ち込めている。きょうの電話会談で英独首相からは、合意は不可能だとの発言報道が相次いだ。独首相報道官はコメントを差し控えていた。欧州株は下げ幅を拡大、米株先物は序盤の上昇から下落に転じている。米債利回りは前日比マイナス圏に低下。為替市場では、円買いとポンド売りが強まっている。ドル円は106円台後半、ポンド円は130円台半ばへと高値から約1円50銭の大幅下落となっている。ユーロドルではドル売り優勢、ユーロ円では円買い優勢とまちまちな動きも。

 ドル円は106円台後半での取引。ロンドン早朝に107.45レベルの高値をつけたが、その後は売り一色となっている。米国と中国との通商協議が難航していることに加えて、米国の対中国企業ブラックリストの追加措置に対し、中国側が対抗措置を示唆した。さらに米国は年金基金における中国株投資の制限を検討していると報じられている。中国交渉団はワシントンでの交渉を早期に引き上げる可能性も報じれた。これにブレグジット交渉の難航も加わり、株安・債券利回り低下の動きが広がった。ドル円は106.80近辺まで下落している。

 ユーロドルは1.09台後半での取引。リスク回避ムードが広がるなかで、ユーロドルは米債利回りの低下に反応し、1.0996レベルまで買われた。一方、ユーロ円は欧州株安や米株先物のマイナス転換とともに118円手前から117.40近辺へと下落している。対ポンドではユーロ買いが強まっており、ユーロ円の下げ幅は比較的小幅にとどまっている。この日発表された8月の独鉱工業生産は前月比+0.3%、前年比-4.0%と事前予想を上回っていた。

 ポンドドルは1.22台前半での取引。1.23近辺から1.2210近辺へとロンドン市場では下げ続けている。ポンド円は132円近辺から130.50割れへと1円50銭超の大幅安となっている。ユーロポンドは0.89台前半から0.90近辺へと上昇。ポンド売りが強まっている。英欧ブレグジット交渉に暗雲が立ち込めている。きょうの電話会談で英独首相からは、合意は不可能だとの発言報道が相次いだ。独首相報道官はコメントを差し控えていた。

MINKABU PRESS 松木秀明

出所: MINKABU PRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

みんなのFX 95

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資 92

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)

パートナーズFX 91

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

みんなのFX 94

ドル円 65
豪ドル円 20
トルコリラ円 85

パートナーズFXnano 84

ドル円 65
豪ドル円 20
トルコリラ円 81

外為どっとコム 77

ドル円 59
豪ドル円 14
トルコリラ円 81
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標