アジア株 上海株は上げ幅拡大、米中進展期待の買い 元安進行は懸念材料

株式 

東京時間14:02現在
香港ハンセン指数   26192.18(+143.46 +0.55%)
中国上海総合指数  2897.14(+13.71 +0.48%)
台湾加権指数     10520.83(-8.95 -0.08%)
韓国総合株価指数  1949.38(-1.63 -0.08%)
豪ASX200指数    6508.90(+7.09 +0.11%)
インドSENSEX30種  36407.90(-65.03 -0.18%)

アジア株は高安まちまち。今夜のパウエル氏の講演を前に神経質な展開となっている。
ジャクソンホール会合にはパウエルFRB議長のほか、カーニー英中銀総裁やロウ豪中銀総裁、イエレン前FRB議長らが出席する。黒田日銀総裁とドラギECB総裁は今回は欠席。
上海株は上げ幅を拡大、クドローNEC委員長の「米中貿易交渉担当者は向こう数日以内に電話協議をする、中国代表団が9月に訪米する計画は依然としてある」と述べたことで、米中進展の期待が高まっているもよう。
中国人民銀行は23日、人民元の中心レートを1ドル=7.0572元と3日連続で元安方向に設定したものの、予想の(1ドル=7.0664元)よりは元高設定だったため、市場の反応は限定的になっている。
ただ、オンショア人民元は対ドルで7営業日続落、1ドル=7.0985元と節目の7.1元に接近しており、警戒感は高まっている。
韓国株は小幅安、対日関係の悪化が懸念されている。
韓国政府は22日、日本との軍事情報協定破棄を表明した。米政府は韓国のこの決定を批判。ポンペオ米国務長官は「失望した」と述べ、米国防総省も「懸念と失望」の声明を出した。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標