反落、大相場への希望は消えた?それとも…(6月14日版)

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

反落しました。
裏切られました。

「6/13から大相場入りか?」
なんて話をしていましたが、

初日からやられました(汗)

◆  ◆  ◆

(これまでのあらすじ)

今週に入ってから、
「6/13〜7/1に今年最後の大相場が来るかも!」
という話をしました。

この結論に至った経緯をざっくり説明すると、

「夏以降、世界の株式市場は伸び悩みやすい!」
(だから、今回の相場上昇が2019年ラストかも?)

「FOMCサイクル的に、6/13〜6/25は上がりやすい時期」
「カレンダー周期的に、6/25〜7/1は上がりやすい時期」

という3点をお話ししました。

結論だけだと信用できないかと思うんで、
出所となるエビデンスも列挙します:

◯Ben Jacobsen and Sven Bouman, 2002, "The Halloween Indicator, 'Sell in May and Go Away': Another Puzzle", The American Economic Review, 92(5), pp. 1618-1635
◯Anna Cieslak, Adair Morse, and Annette Vissing-Jorgensen, 2019, "Stock Returns over the FOMC Cycle", The Journal of Finance
◯Josef Lakonishok and Seymour Smidt, 1988, "Are Seasonal Anomalies Real? A Ninety-Year Perspective", The Review of Financial Studies, 1(4), pp. 403-425

(あらすじ終わり)

◆  ◆  ◆

…とまあ、ここまでは良いとして。

ここからは
「外したけど、予想を変えるのか?」
という話をします。

結論から言ってしまうと、
「予想は変えず」にいきます。

強気予想を継続します。

予想をしながら、
僕自身も相場サイクルについて、
あれこれと調べておりました。

その結果ですが、
「特に問題なし!」
という結論に至りました。

FOMCサイクルは強力ですが、
「百発百中」とまではいきません。

実際に20年分のデータを使って、
「運用成績を確かめてみたぞ!」
という方もいる※のですが、

※記事:FOMC Cycle Trading Strategy in Quantstrat

有効性の度合いとしては、
「通常時よりは損をしにくい」
というくらいです。

ですから、
「がっつり儲けたい!」
という人よりかは、

「リスク小さく攻めたい!」
と考えている人に向いてます。

僕のようなチキン投資家には、
うってつけの手法です。

そして、

FOMCサイクルは、
「下落相場にめちゃ強い!」
ということが分かってまして。

リーマン・ショックのあった、
2008年あたりには、

「バイ&ホールド(放ったらかし)」
よりもはるかに良い成績を残しています。

「利益を伸ばす戦略」というよりかは、
「損失を抑える戦略」ってことですな。

2014年〜2016年など、
かなり最近のデータでも、
有効性が確認できているので、

「いきなり使えなくなる!」
というのは考えにくいかと。

…ということで、

「何も心配せずに現状維持」
というスタンスです。

「7/1までは騰がるぞ〜!」と、
まだまだ考えておりますので、
反発に期待します。

「大相場入りの可能性は、
まだまだ消えていない!」
と考えます。

相場に動きを裏切られると、
「あれ?間違えたか?」
と不安になるもんですが、

1度や2度くらい、
判断が外れることはザラです。

感情的になりそうなときほど、
深呼吸をして落ち着きましょう。
(判断が外れてイラッとした時は特に)

何回もトライして、
トータルで勝てば良いので、
めげずに「強気」を維持します。

短期保有銘柄はいったん手仕舞いますが、
長期保有銘柄はガッチリ保有の予定です。

それと、

僕のように少しの損で不安になる人は、

「相場が下がったときにも、
底堅い動きが期待できる株」
あたりを狙うと良いかと。

そうしておけば、
相場が下がったときも、

「この銘柄だったら平気さw」
と考えられるようになります。

引き続き、愚直に参ります…。

- 中原良太

【現時点の投資スタンス】
超長期(5年〜10年):売り
長期(1年〜3年):中立
中期(3カ月〜6カ月):買い
短期(1週間〜1カ月):買い

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標