リバウンドは終了?それとも?(6/13版)

16:50 追記分

6/13の寄り付きは21040円。高値21111円、安値は20932円まであったものの引けは21032円で6/13は97円安。終日21000円前後で推移。



日経平均は21000円台を回復後21250円台まで行きましたが、6/12の引けは21129円。

ニューヨークダウも26000ドル台を回復しましたが6/12は先物は26000ドルの大台を一時割り込んできています。

6/13はどうでしょうか?

翌日(6/14)にメジャーSQを控え、リバウンド一巡後の重要な動きとなりそうです。

日経平均は21000円台を、ニューヨークダウは26000ドル台をキープ出来るでしょうか?

6/13はSQ値を決める上で重要な1日、先物による攻防がありましょう。

リバウンドが急だったため、少し休むくらいが丁度良いですが、どうでしょうか?

ところで、株のサポートでは何が最も重要なサポートでしょうか?

買い推奨銘柄でしょうか?

しかし買いは一緒でも損する人もいれば利益を出せる人もいます。

株は購入後、銘柄ごと時期ごとに色んな動きをします。一つとして同じ動きではありません。

この値動きに対応して、お客様は売買をしていくことが必要です。

そうしないと、いつの間にか損を抱えた塩漬け株が産まれてしまったり、売りそびれて、あった利益が損に変わったり、買ったもののいつまでも上がらないなどと、後で苦しむ結果になるからです。

銘柄ごとに時期ごとに異なる値動きをしてきますので、動きに応じたサポートが最も重要で資産が増えるかどうかの重要なサポートとなりましょう。

保有期間を銘柄や時期によって分けたり、色んな情勢の変化に合わせて売り買いして、資産を形成していくサポートこそ重要なサポートです。

弊社でも、創業当初は銘柄の買い推奨だけで、十分と思いスタートしました。しかし、その内、上述のサポートの重要性に気がつきました。購入後のサポートこそ株の成功には最も重要で、お客様にとって重要で不可欠なサポートであることに気づいて購入後の売買をサポートしていく売買サポートの提供を開始したのです。

購入後の株はその日から、それぞれ全部違う値動きとなって資産が増減していきます。

例えば、

すぐに上がったが、その後下がり始めた

などはすぐに売るサポートが必要です。

買った後、いつまで保有を続けるのかや下がり始めたときの対処方法、など購入後のサポートこそ最もお客様にとっては必要で不可欠な情報です。

資産形成に必要な情報の中で、買い推奨は始まりに過ぎず、購入後のサポートこそ最も重要なサポートと言えましょう。




為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 34
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX!(ワイジェイFX) 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 36
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 45
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標