アジア株 総じて下落、上海株も安い

東京時間18:08現在
香港ハンセン指数   27308.46(-480.88 -1.73%)
中国上海総合指数  2909.38(-16.34 -0.56%)
台湾加権指数     10615.66(+7.90 +0.07%)
韓国総合株価指数  2108.75(-3.06 -0.14%)
豪ASX200指数    6543.74(-2.55 -0.04%)
インドSENSEX30種  39772.15(-178.31 -0.45%)

 12日のアジア株は、総じて下落。上海株は反落。このところの上昇で利益確定の売りに押された。また、G20での米中首相会談が期待されていたが、両国とも依然として強硬な姿勢を崩しておらず、米中対立への警戒感も売りにつながったもよう。他市場もおおむね売り優勢で推移した。
   
 5月の中国消費者物価指数は前年比+2.7%、5月の中国生産者物価指数は前年比+0.6%となり、いずれも市場予想と同水準だったことで、市場の反応は限定的だった。

 上海総合指数は反落。石油大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)、保険会社の中国人民保険集団、酒造会社の貴州茅臺酒、乳製品メーカーの内蒙古伊利実業集団、調味料メーカーの佛山市海天調味食品、通信会社のチャイナ・ユナイテッド・ネットワーク・コミュニケーションズが売られた。
   
 香港ハンセン指数は大幅反落。保険会社のAIAグループ、通信サービスのテンセント・ホールディングス、世界的金融グループのHSBCホールディングス、銀行大手の中国建設銀行、携帯電話サービスのチャイナ・モバイルが売られた。
   
 豪ASX200指数は小反落。資源・鉱山会社のBHPグループ、鉱物探査会社のフォーテスキュー・メタルス・グループ、金採掘会社のニュークレスト・マイニングが買われる一方で、医薬品メーカーのCSL、銀行大手のウエストパック銀行、不動産開発のセンターグループが売られた。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 34
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX!(ワイジェイFX) 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 36
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 45
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標