今夜の注目材料は=外為どっとコム総研 神田卓也

東京市場のドル/円は、やや売りが先行しましたが、109.20円台で下げ渋ると日本株の上昇を支えに109.50円台へと持ち直しました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

5/27(月)ロンドン、NY市場、休場
17:40 クーレECB理事、講演

※☆は特に注目の材料

日米貿易協議は、ひとまず参院選後に結論持ち越しとなりました。欧州議会選挙は、反EU勢力の台頭がとりあえず想定の範囲内に収まりました。これですっきり視界良好とは言えないものの、市場の不安心理改善に繋がりそうです。ただ、今夜は英国と米国が休日で、ロンドン市場とNY市場がいずれも休場となります。総じて静かな夜になりそうです。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標