日経、持ち合い7日

朝方は堅調に寄り付いたのですが、その後10時半ごろまで、ほぼ一貫して下落。恐らくこれも大型連休前のポジション縮小の動きかと思います。
その後逐次切り上がり、41円高の22259円で取引を終えました。
結局日経平均は、4月15日からずっと、微弱な上げ下げを繰り返しながら、ほとんど横ばいといってもいい状態が続いています。ここ4日間は、5日線との攻防戦です。
出来高は17日を最後に、漸減傾向。日に日に細っています。
この出来高低減に伴って、売りも減っているわけです。明日から3日間は事実上、連休までの消化試合ということになります。
足元では、景気敏感株が上げていた間、反対に売られていたディフェンシブ優勢ですが、ここから連休前までは、またこの巻き戻しが起こるかもしれません。
引け30分前くらいから、グローベックス市場でもNYダウ先物が(終日マイナスでしたが)とうとうプラスに気配が浮上しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 27
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 25
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 30
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標