ユーロのショートは2016年12月以来の高水準=NY為替

 NY時間に入ってユーロ円は小動きが続いており、126.60円近辺で推移している。きょうはユーロドルもドル円も小動きに終始しており、ユーロ円も動意薄の展開となっているようだ。ただ、4月以降、ユーロ自体にリバウンド相場が見られ、ドル円もしっかりとした展開となっていることから、ユーロ円も100日線を上回って来ている。3月高値が127円台半ばにあるが、その水準を目指す展開。

 ただ、ユーロのショートは増加が続いているようだ。先週末に公表されたIMM投機筋のユーロ・ショートのポジションは4月9日時点で2016年12月以来の高水準となっていた。まだ投機筋はユーロのショートを積み上げている様子もうかがえる。

 FRBとECBの金利差がどうしてもユーロの上値を重くしているようだ。買い戻しが続いているものの、まだ市場は本格的には下向きの方向感をを変えていないとの指摘も聞かれた。

EUR/USD 1.1303 EUR/JPY 126.61 EUR/GBP 0.8631

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標