ブラックフライデー とは

【黒字のブラックフライデー】 ブラックフライデーはアメリカで感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のことです。「ブラック」といえば、ブラック、マンデー・チューズデー、サーズデーと相場が大暴落した日を連想しがちですが、こちらのブラックは「黒字」のという良い意味です。 正式な休日ではなのですが、多くの州では休日になることが多く、クリスマス商戦(ホリデーシーズン)の開始の日であり、この期間は1年で買い物が最も行われます。 そういったことから、小売業が一年で最も忙しく、帳簿が黒字になるためブラックフライデーとなるわけです。驚くべきことに、小売売上高の年間売り上げの3割がこの1ヶ月に集中するようです。 【サイバーマンデー】 サイバーマンデーとは、米国で感謝祭(11月の第4木曜日)の次の月曜日のことをいいます。感謝祭の休暇中に実店舗は買い物客で混雑する一方、オンラインショップでは、感謝祭の休暇明けの月曜日に売上が急増することから、この日がサイバーマンデーと呼ばれています。この日は、オンラインショップにおけるクリスマスセールの開始日と考えられており、各社が大々的なキャンペーンを実施し売上が急増します。なぜ感謝祭休暇中でなく、月曜日にオンラインショップの売上が急増するのかは、休暇明けの月曜日に職場の快適な高速回線を使ってオンラインショップにアクセスする人々が多いことと、感謝祭の休暇中には実店舗で買い物をする人が多く、その人たちがオンラインでショッピングをするようになることのようです。また、オンラインショップ各社がサイバーマンデーと銘打って、セールを行うことも、心理的な面から購買意欲が湧くために、売上が大きく増える要因のようです。このことが年明けの米国の経済指標に大きな影響を与えることは明確であり、また、クリスマス商戦のために臨時雇用もできるために、景気を一時的に下支えする効果もあります。

FX用語集

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

初心者におすすめFX会社特集

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

FX初心者のための入門知識

主要通貨レート

為替ニュース/コラム

直近24時間の重要経済指標