不胎化介入 とは

中央銀行が外国為替市場で市場介入を行う際に、自国内におけるマネタリーベース(資金供給残高)への影響を避けるために、買い/売りオペなどによって、調整を行うこと。 日本銀行が外国為替市場で円売りドル買いの介入を行う場合、市中に円の供給が増加するため、金利の変動要因となる。そのため日本銀行は売りオペなどによって介入額と同額の円を吸収し、円の供給残高を相殺する。 こうした措置を伴わない介入を非不胎化介入と呼ぶ。

FX用語集

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

初心者におすすめFX会社特集

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

FX初心者のための入門知識

主要通貨レート

為替ニュース/コラム

直近24時間の重要経済指標