フィボナッチ とは

13世紀のイタリアで数学者であったフィボナッチが発表した「連続した二つの数字の和がその上位数になる」という数列をフィボナッチ数列と呼ぶ。最初の数項は1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,…となる。この数列では、どの数字も上位の数字に対して0.618:1に近づいていく。また2つ上位の数字に対して0.382:1に近づいていく。テクニカル分析においては、この0.618と0.382という割合を相場反転時の戻りの目処として利用する((高値ー安値)×0.618or0.382)ほか、移動平均にフィボナッチ数を利用することがある(21などがよく利用される)。

FX用語集

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

初心者におすすめFX会社特集

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

FX初心者のための入門知識

主要通貨レート

為替ニュース/コラム

直近24時間の重要経済指標