ティックチャート とは

チャートには取得するデータの取得時間別に日足チャート、週足チャートなどがあるが、その中でも売買が成立する度にチャート上に点を付けて動きを表すのがティックチャートである。売買が約定するごとのチャートのため、最も敏感に市場の動きを表すといってよい。ティックとは英語で、時計などが「カチカチ」という音のことから、この呼び名の由来となっている。売買が約定ごとのチャートのため、期間が無く、始値、高値、安値といったものも無い。よってローソク足や棒チャートといった概念もなく、折れ線グラフでの表記が一般的。主な用途としては数十秒から数分で、相場のわずかな瞬間変動を狙って利幅取りを繰り返し、細かな利益を積み上げて行くスキャルピング(Scalping)取引などで有効となる。

FX用語集

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

初心者におすすめFX会社特集

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

こだわるポイントは?
それでも迷ったら総合評価FX会社比較 総合ランキング

FX初心者のための入門知識

主要通貨レート

為替ニュース/コラム

直近24時間の重要経済指標