みんなの外為 FX会社を紹介

FXスワップポイント比較

【2017年09月更新】各社を徹底比較!

このページでは、高金利通貨としてスワップ狙いで人気の「豪ドル円」、「NZドル円」、「南アフリカランド円」などのスワップポイントでランキングしました。!金利が1%台に乗った米ドル円のスワップにも注目です。さらに、トルコリラ円の取扱口座は得点をプラスしています。スワップ狙い用口座と、売りで入った際に支払いスワップを抑える用の口座を両方保有する賢い投資もおすすめです。

  1. 解説1スワップポイントとは?

    スワップポイントとは、金利の異なる通貨を取引した際に発生する金利差額のことです。日本の金利は世界的に低い方なため、金利の高い通貨を買うことで差額の利益が発生します。逆に、金利の高い通貨を売った際や日本より金利の低い通貨を買った際は支払いが発生するので注意が必要です。

  2. 解説2いつ受け取れるの?

    FXは、外貨預金とは違い毎日金利収入がもらえます。
    FX会社では、毎日10分程度の取引休憩時間中にロールオーバーという処理を行っております。この処理時にスワップが発生し2営業日後に利益や含み益に自動で加算されます。土日の分も水曜日にまとめて受け取ることができます。なお、デイトレードでポジションを決済した場合は発生しません。

  1. 解説3スワップ狙いに向いてる通貨は?

    高金利で、なおかつある程度の取引量がある通貨をオススメします。スワップ狙いで人気の通貨は「NZドル」や「豪ドル」が有名です。

  2. 解説4スワップは業者ごとに違う。

    実際にもらえるスワップは、単純に政策金利から算出した利率ではありません。FX会社はそれぞれレートを配信してもらう業者(カバー先)がバックにいます。この業者との話し合いによって金利が決まり、それに為替変動などを加味して計算しています。
    そのためFX会社によってスワップに差が生じます。スワップ狙いでFXを始める際は、口座開設を検討している会社がスワップに力を入れているのかどうかチェックしたいところですね。

FX各社 1日あたりのスワップポイント 一覧表

順位 会社名 米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 南アランド円 点数 口座開設
GMOクリック証券 42円 -14円 14円 45 48 170 99
ヒロセ通商(LIONFX) 2円 10円 30円 50 60 110 85.6
みんなのFX 30円 -12円 10円 30 28 100 71.8
FXブロードネット 32円 -14円 13円 22 35 80 68.6
外為オンライン 25円 -25円 10円 20 30 5 50.2
売りスワップの表示
買いで一番お得 売りで一番お得
 ⇒マイナー通貨も含めた一覧はこちら
※1)ランド円のみ10万通貨で表記  ※2)2017年09月20日時点のデータです
※3)スワップポイントの得点は、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、南アフリカランド円の4つの通貨ペアで評価しています。

GMOクリック証券

スワップポイントお得度

99点/100点
GMOクリック証券 チェックポイント!

利上げサイクルに入った米ドルのスワップ金利の高さに強み!トルコリラ円の取扱いも

GMOクリック証券 各通貨スワップポイント
米ドル円 ユーロ円 ポンド円
42
(15330円/1年)
-14
(-5110円/1年)
14
(5110円/1年)
豪ドル円 NZドル円 南アランド円
45
(16425円/1年)
48
(17520円/1年)
170
(62050円/1年)

米ドル円のスワップ金利が40円台まで上昇してきているGMOクリック証券。ついに高金利通貨のトルコ円の取扱いを開始し、110円前後のスワップ金利が付与。ドル円の金利が高く、南アフリカランドが10万通貨につき160円ほどの付与。今後もっとユーザーが増えれば、オセアニア通貨のスワップ金利上昇もあるかもしれませんね。

30代 男性のクチコミ
もともとGMOクリック証券の株の口座を持っていたのですが、特に不自由な点は無いです。基本的にドル円と豪ドル円の取引しかしないので、機能的には不満はありません。スワップも銀行口座に比べたら遥かに高いので満足。画面も見やすく使いやすい。

40代 男性のクチコミ
スプレッド(手数料)が安いからずっとGMOクリック証券を使い続けているが、豪ドルのスワップポイント(金利)が高いのも助かっている。FX会社のスプレッド(手数料)とスワップ(スワップ)はやっぱり大事だよね。

ヒロセ通商(LIONFX)

スワップポイントお得度

85.6点/100点
ヒロセ通商(LIONFX) チェックポイント!

オセアニア通貨・南アフリカランド円、トルコ円が業界最高のスワップ金利!

ヒロセ通商(LIONFX) 各通貨スワップポイント
米ドル円 ユーロ円 ポンド円
2
(730円/1年)
10
(3650円/1年)
30
(10950円/1年)
豪ドル円 NZドル円 南アランド円
50
(18250円/1年)
60
(21900円/1年)
110
(40150円/1年)

利下げが加速するなかNZドル・豪ドルのスワップポイントに特化して高いメリハリの効いたヒロセ通商。オセアニア通貨の金利は高さが高評価です。他の通貨ペアのスワップは弱いものの個人投資家が好む通貨がしっかりと高いところは高評価!人民元/円などの新興国通貨の取り扱いや、一時下がってしまったトルコリラ円は110円程度のスワップがもらえる点は高評価。

20代 男性のクチコミ
昔からヒロセを使っていますが、ある日突然スワップポイントに力を入れ始め、それも業界一まで上げてきたので驚きました。大阪の会社らしい勢いが良いですね。

30代 女性のクチコミ
高金利のスワップと為替差益狙いで新興国の通貨をコツコツと取引しています。他社には扱っていない通貨ペアがあるのが良いですね。

みんなのFX

スワップポイントお得度

71.8点/100点
みんなのFX チェックポイント!

日々のスワップポイントの変動がなく、ドル円のスプレッドが安定

みんなのFX 各通貨スワップポイント
米ドル円 ユーロ円 ポンド円
30
(10950円/1年)
-12
(-4380円/1年)
10
(3650円/1年)
豪ドル円 NZドル円 南アランド円
30
(10950円/1年)
28
(10220円/1年)
100
(36500円/1年)

大きな変化がありませんでしたが、ドル円のスワップ金利は安定中。他社とは違って数週間固定のスワップ金利を提示しているのが同社の特徴です。
ただし南アフリカランド円を売ってしまうと、1日に20円(1万通貨)を支払わないといけませんので注意が必要です。

20代 女性のクチコミ
外貨預金の代わりに豪ドルを毎月積み立てています。少しづつですが確実に資産が増えるのを実感できるのが良いですね。スワップ狙いの取引はコツコツタイプの私に向いていると思っています。

30代 男性のクチコミ
あまりスワップポイント(金利)にはこだわっていない。でも、せっかく貰えるものだから少しでも高いFX会社が良いのは当たり前。

FXブロードネット

スワップポイントお得度

68.6点/100点
FXブロードネット 各通貨スワップポイント
米ドル円 ユーロ円 ポンド円
32
(11680円/1年)
-14
(-5110円/1年)
13
(4745円/1年)
豪ドル円 NZドル円 南アランド円
22
(8030円/1年)
35
(12775円/1年)
80
(29200円/1年)

スワップ金利の高さが目立っており、日によってはオセアニア通貨、英ポンドで最高値をつける時もあります。スワップカレンダーがないためスポットでの調査しかできませんでしたが、利上げ時の際には期待できそうです。

外為オンライン

スワップポイントお得度

50.2点/100点
外為オンライン 各通貨スワップポイント
米ドル円 ユーロ円 ポンド円
25
(9125円/1年)
-25
(-9125円/1年)
10
(3650円/1年)
豪ドル円 NZドル円 南アランド円
20
(7300円/1年)
30
(10950円/1年)
5
(1825円/1年)

取扱通貨ペアの多さから、英ポンド/NZドルの売りで70円/(日)、ユーロ/NZドルの売りで65円/日、というあまり気づかれない高いスワップ金利を得ることができます。
取引ツールの独自性やニュース配信会社・情報コンテンツの多さなど、外為オンラインの真の強さは定量数値では見えないところです。金利上昇時代のこれからに注目ですね。

『みんなの外為』 編集部コメント

今回はGMOクリック証券がトルコリラ円の取扱いを開始し1位に!堅調な南アフリカランド円のスワップ金利も高水準。ヒロセ通商はオセアニア通貨の低金利化が進むなか、高金利通貨のスワップ金利は維持。豪ドル円、NZドル円、南アフリカランド円、トルコ円が業界最高の高さとなっています。
利上げが進む米ドルの金利は、みんなのFXも高い。ついに1.25%となったFF金利の利上げが進むと、どこまで上がるのか楽しみですね。

1日あたりのスワップポイント 一覧表

米ドル円 25円42円30円2円32円
ユーロ円 -25円-14円-12円10円-14円
ポンド円 10円14円10円30円13円
豪ドル円 20円45円30円50円22円
NZドル円 30円48円28円60円35円
カナダドル/円 5円29円5円10円5円
スイスフラン/円 -27円-21円-20円-60円-21円
南アフリカランド円 5円170円100円110円80円
豪ドル/米ドル 5円11円9円1円8円
NZドル/米ドル 15円16円8円1円15円
英ポンド/米ドル -45円-46円-33円-121円-42円
ユーロ/英ポンド 20円23円5円-120円28円
ユーロ/豪ドル 50円80円3円55円
英ポンド/豪ドル 60円68円3円55円
英ポンド/NZドル 75円16円62円
米ドル/スイスフラン 60円65円30円1円59円
英ポンド/スイスフラン 50円44円20円1円47円
豪ドル/スイスフラン 65円1円65円
NZドル/スイスフラン 1円
中国人民元/円
香港ドル/円 0円
シンガポールドル/円 0円
トルコリラ円 106円100円

※ユーロ/英ポンド、ユーロ/豪ドル、英ポンド/豪ドル、英ポンド/NZドルは売スワップを掲載。表記のない通貨は買スワップを掲載。
※データは2017年09月20日時点

FXスワップポイント比較 更新履歴

【利下げ!】5月3日、オーストラリアが政策金利を0.25%引き下げ1.75%に。
【GMOクリック証券】米ドル円のスワップポイントが上昇し久しぶりの1位に。
【南アフリカ】11月19日に政策金利を6%から6.25%へと引き上げました。
【ニュージーランド】12月10日に政策金利を2.75%から2.50%へ引き下げました。
【利下げ!】7月23日ニュージーランド中央銀行が政策金利を3.25%から3.00%へ0.25%の利下げを発表!
スワップポイントは70円台へ低下。
【利下げ!】6月11日ニュージーランド中央銀行が政策金利を3.5%から3.25%へ0.25%の利下げを発表!
対してポンドは利上げ期待からスワップポイントは20円台から40円台まで急上昇!
【利下げ!】2月3日オーストラリア中央銀行が政策金利を2.5%から2.25%へ0.25%の利下げを発表!
注目のNZドル円のスワップポイントは100円前後から90円程度にまで下落!豪ドル円は利下げの影響でスワップポイントは60円台に下落しました。前回、2位だったGMOクリック証券1位を奪還しましたが、トップ3は変わらずとなっています
【利下げ!】5月5日オーストラリア中央銀行が政策金利を2.25%から2.00%へ利下げを発表!
この影響から豪ドルのスワップポイントは約10円ほど下がり50円台に。
NZドルは90円前後を維持。ランド円の金利も10万通貨の保有で140円~150円と好調維持です!
【利下げ!】2月3日オーストラリア中央銀行が政策金利を2.5%から2.25%へ0.25%の利下げを発表!
注目のNZドル円のスワップポイントは100円前後から90円程度にまで下落!豪ドル円は利下げの影響でスワップポイントは60円台に下落しました。前回、2位だったGMOクリック証券1位を奪還しましたが、トップ3は変わらずとなっています
注目のNZドル円のスワップポイントが100円まで上昇!豪ドル円のスワップポイントも80円台にしっかりと乗ってきました。過去、連続2位だったSBIFXトレードがついに1位となりました。
ついにGMOクリック証券のNZドル円のスワップポイントが100円目前へ!12月は1日だけ100円をもらえる日もあっただけに、今後も期待が高まります!
NZドル円のスワップポイントが90円近くまで上昇!ポンド円も35円前後と上昇中!今回の1位は南アフリカランド円のスワップポイントが14円/日まで上昇したYJFX!に軍配が上がりました!


トップへもどる