FX注文方法を理解する – OCOIFD編 –

・OCO注文は価格が上昇、もしくは下落した際にポジションを取利たい時に有利
・IFD注文とは、指値注文と逆指値注文を同時に発注

前回3つの注文方法を学びましたが、今回は続編として新たに2つの注文方法を学習します。

米ドル/円レートが100円です。「99円に下がったら、又は101円に上がったら買う」という二つの注文を同時に出せるのを、OCO (オーシーオー)注文と言います。OCOは[One Cancel Other]の略で、この英語の意味が表すように、一つの注文が約定するともう片方の注文が取消となるのが、このOCO注文の特徴です。

もう一つ、米ドル/円通貨を「100円で買って101円で売る」という、指値注文と決済注文の二つを同時に発注できる注文方法を、IFD(イフダン)注文と言います。

では、OCO注文とIFD注文について、さらに詳しく見ていきましょう。

OCO注文

先ずはOCO注文からです。実際の取引でどのように使えるか見ていきますよ。

米ドル/円レートが100円です。でも、もう少し下がってから買いたいという思いと、トレンドが発生した後に買いたいという二つの想いがあるとしましょう。そんな時にOCO注文を活用することができます。指値注文を99円、逆指値注文を101円で発注すれば、二つの想いを乗せたOCO注文が出来上がります。

OCO注文

このケースで、99円の指値注文は「逆張り注文」とも言います。逆張りとは、将来的に上がるのを見越して買う注文、又はその逆で、将来的に下がるのを見越して売る注文を言います。

また、101円での買い注文は「順張り注文」と呼ばれていて、トレンドに乗った売買を指しています。上向きトレンドで買い、下向きトレンドで売り。この順張り注文はFX初心者が最初にマスターすべき注文ですので、しっかり自分のものにして下さいね。

IFD注文

IFD注文の活用方法ですが、あまり取引画面を見る暇がない人にとても向いている注文方法なんですよ。IFD注文は指値注文と決済注文の2つを同時に発注できる注文ですが、例えば米ドル/円レートが100円の時に買って(指値注文)、101円になったら売る(決済注文)というように注文できます。

IFD注文

成行注文でポジションを取った場合には、指値注文で利益確定ポイントを、逆指値注文で損切り注文を出すという使い方もできます。

実は、デイトレーダーの中にはこの使用方法をする方が非常に多くいます。
ポジションをとるのはタイミングを見計らって、1,2銭のずれもタイミングを見るけど、後は自動注文に任せて、刻一刻と動く利益、もしくは損失で心変わりをしないようにするように考える人もいるようですね。

取引画面を見ていなくても、指定のレートに達すると新規・決済注文をしておいてくれるので、いつのまにか利益が増えた~ということもあるんですよ。忙しい方にはとても便利な注文方法ですから、しっかりマスターして下さい。

FXのデモトレード

FX初心者にも分かり易く! みんなの外為スタッフ

みんなの外為はFXの無料情報サイトです ドル円など主要6通貨の「リアルタイムチャート」、過去の結果と今後の発表が一目で分かる「経済指標一覧」、今後の変動予想に役立つ「FXコラム」、「初心者入門コンテンツ」、最新の「FX比較」など、勝つ為のFX情報が詰まっています!