米ドル/円、早晩「窓埋め」の動きとなるか?

【著者】

リリーフ・ラリー一服後は下押しフローに?

ここもとの米ドル/円・週足チャートでは、ローソク足が52週移動平均線(以下、52週MA)にサポートされ、その後反発するような形状となっています。(下記チャート赤丸印)

以下、昨年秋からの米ドル/円の相場展開とその材料についておさらいしてみましょう。昨年11月上旬(下記チャートA)に始まったトランプ・ラリーにおける米ドル/円のこれまでの最大高低差は、6週間の間(11月9日-12月15日)で17.47円となっており、昨年(2016年)1年間における米ドル/円の高低差である22.90円の76.3%部分を、わずか約1カ月間の期間でこなした計算となります。
その後、12月に米FOMCで利上げが再開され(下記チャートB)、トランプ・ラリーで上昇した分の反省相場もあり、今年4月半ばまでの4カ月間で半値押し以上となる10.52円の下落となりました。(下記チャートC。高低差計算。) 以下、米ドル/円の週足チャート+52週MAをご覧ください。(期間:2016/10/23の週-2017/5/7の週)

ドル円週足

上記チャートにおいて、ローソク足が52週MAでバウンドして上昇する起点(上図C)となり得たファンダメンタルズ材料は以下の通りです。

1) 4月23日のフランス大統領選挙(第1回投票)において、“最悪のシナリオ”である極右・ルペン氏vs 極左・メランション氏の一騎打ち(=決選投票に選出)が回避され、フランスのEUからの離脱がひとまず回避されたことによるFrexitリスクの後退

2) 4月25日の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)創設85周年記念に合わせた、北朝鮮によるミサイルおよび核実験が為されなかったことによる、朝鮮半島有事を想定した地政学リスクの後退

これら1)および2)の材料がひとまず消化されたことによって、リスク(=相場の下落フロー)に備えていたポジションの反対売買フローが重なったことがここもとの米ドル/円相場の上昇要因と捉えることができ、つまりリリーフ・ラリー(※)がその背景と言えそうです。(※リリーフ・ラリー:何らかの危機要因から脱した後の反騰相場のこと)

特に、上記1)材料もあり、投票結果が出そろった4月24日に「窓開け」となった米ドル/円相場ですが、一般的には相場の「窓開け」には早晩「窓埋め」が伴うと言われています。窓開けの際の米ドル/円レートはおおよそ110円近辺。また12日時点における52週MAは108.58円。当該レベルまでの下押しは、時間の問題となるのでしょうか。

M2J提供動画視聴サイト

M2TV(M2Jマーケットスクウェア)(月~金)
M2J主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※M2Jが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

M2Jバナー
津田 隆光|マネースクウェア・ジャパン

投資こそ、おもしろおかしくシンプルに 津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」では隔週金曜日にコメンテーターを務める。