3月15日には気を付けろ!

【著者】

重要イベント目白押しの一週間!

いよいよ次週、注目の<3.15>を迎えます。喫緊では、本日の米2月雇用統計結果が、「嵐」なのか「無風」なのかの判断における嚆矢濫觴(こうしらんしょう)※となり得そうです。(※物事の始まりのこと)

次週14-15日に開催されるFOMCにおいて、利上げは「既定路線」、ないしは「ダン・ディール(done deal)」とマーケット参加者に捉えられており、9日時点のCMEグループ・FedWatch Toolでも利上げ確率は90.8%となっています。
そうなると、マーケットでは14-15日の米FOMCにおいて「利上げを実施しないリスク」が台頭し、仮にその場合はブラックスワン・イベント※となり得ます。(※事前に殆ど予想できず、起きた時の衝撃度が大きい事象のこと)

マーケットの注目点は、「利上げ」から「利上げペース」に移ってきており、また、会合後に開かれるイエレンFRB議長会見において、FRBのバランスシート(B/S)縮小に向けた言質が取れるのか否かが新たな焦点となりそうです。

さて、以下、足もとでの注目イベントスケジュール(抜粋)についてご確認ください。

10日(金) 米2月雇用統計
14日(火) 米独首脳会談
15日(水) 米FOMC/イエレンFRB議長会見
          オランダ総選挙
          米デットシーリング(債務上限問題)期限
          米予算教書発表

上記より、15日(水)[日本時間では多くは16日]に多くのイベントが集中する『重要日』となっていることから、特に来週半ばにかけてはチョッピーな相場展開に十二分には警戒すべきと考えます。

3月相場では、いつもの月以上に「日柄」を重視した上で、特に来週にかけてはシェイクスピアによって書かれた『ジュリアス・シーザー』における有名な台詞である「3月15日には気を付けろ!」(“Beware the ides of March”)を心に留めておいた方がいいのかもしれません。

M2J提供動画視聴サイト

M2TV(M2Jマーケットスクウェア)(月~金)
M2J主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※M2Jが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

M2Jバナー
津田 隆光|マネースクウェア・ジャパン

投資こそ、おもしろおかしくシンプルに 津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」では隔週金曜日にコメンテーターを務める。