短命に終わった?円安期間

【著者】

折に触れ、当欄でもご紹介しておりました20ヶ月移動平均線とドル/円の関係に変化がありました。20ヶ月移動平均線の上で推移しているうちは円安、逆に下回った場合は円高という構図でしたが、昨日(1月末)のNY終値でその20ヶ月移動平均線を下回って取引を終えました。
つまり、昨年12月からの円安は終了、今回の円安は短命で終わることとなりそうです。

トランプ大統領就任以降、立て続けに大統領令を発動。選挙期間中の公約を次々に実行している(難しいと思われていたことも実行しています)だけに、前回の当欄(株高・金利高の同居が続く中、ドル/円は・・・)で懸念材料と申し上げた10日の日米首脳会談時に、直接日本の為替政策にも踏み込んだ話し合いが行われる可能性も高まってきています。
日本側としては原理原則を主張すると思われますが、ここまでのトランプ大統領の発言を聞いていると、聞く耳持たず、彼独自の理論を押し付けてくることは十分考えられます。

トランプvsイエレン

米国国内にも懸念事項があります。今晩(日本時間2日4:00)、FOMC声明文が発表されます。トランプ大統領は低金利政策を志向していることはご承知の通り。
ところが、FRBは利上げを視野に政策運営を進めることも考えており、仮に今回タカ派的な声明文が示されたとき、トランプ大統領がどういった反応を示すのか、ここも注目されます。

さすがに「You are fired!」(お前はクビだ!)と言う訳にはいかないと思いますが・・・

引き続き、短い時間軸でのトレードが中心となりそうです。

<資料>ドル/円(月足)20ヶ月移動平均線
ドル円

M2J提供番組(ラジオ)

ラジオNIKKEI 「ザ・マネー~西山孝四郎のマーケットスクウェア」(毎週金15:10~16:00)
ラジオNIKKEI 「世界の株価de資産運用」(毎週水16:00~16:30)

M2Jバナー
比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

常に個人投資家の皆さんとともに! 比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!