為替市場で24時間戦えますか?

・FXの取引時間は月曜日の早朝から土曜日の明け方まで
・時間帯ごとに値動きの特徴があり、大きく動くのは夜の21時~1時頃

取引時間が午前9時から午後15時までの株式市場と違い、FXは24時間取引が可能です。しかし、ずっと取引が継続しているわけではなく、銀行が閉まっている土日は取引は行われていません。

そんな平日はずっと値動きのある為替市場ですが、やはり時間帯によって値動きに特徴があります。
為替の3大市場は、東京、ロンドン、ニューヨークですが、東京時間は比較的落ち着いた値動きとなっており、取引額はロンドンが最大となっています。

では、それぞれの時間帯ごとの値動きの特徴をみていきましょう。

【オセアニア時間】6時~8時

市場参加者が少なく、ほとんど値動きのない時間帯です。
しかし、ニュージーランドの経済指標が発表されたり、週末にニュースが出た場合の月曜日の早朝は乱高下する時間帯になります。

【東京時間】8時~15時

日本やシンガポールの市場参加者が参加してくる為、値動きがでてきます。
特に、ゴトー日と呼ばれる5と10の付く日は、ドル買いが出やすく仲値の決まる9時55分まではドル円が動きやすくなります。
しかしながら、10時を過ぎると穏やかな値動きになることが多く、ユーロやポンドなどの欧州通貨の値動きは静かになります。
一方、オーストラリアや中国の経済指標の発表があるため、オセアニア通貨は比較的動きます。

【欧州時間】15時~21時

16時の欧州の株式市場の開始と共に、一気に値動きが出てきます。
この時間になると、欧州通貨が動き出し、ユーロ圏の経済指標の発表もあります。
しかしながら、19時頃になると欧州勢はお昼休みにはいる為、落ち着いた値動きになります。
そのため、短期的なトレンドもやや緩んでくる傾向があります。

【ニューヨーク時間】21時~6時

21時を過ぎる頃からアメリカの参加者が参入し、いよいよ為替の値動きはピークを迎えます。
米国の経済指標が発表されるため、かなり荒い値動きになることもあります。

東京の仲値に相当するロンドンフィックスが午前0時(冬時間の場合は、午前1時)に当たる為、月末になるとユーロやポンドの値動きが激しくなります。

午前2時を過ぎると、欧州の株式市場が終了となる為、やや値動きが落ち着きますが、夜中に要人発言があったり、米国の金融政策が発表される日もありますので、深夜に大きく動くことがあります。

為替市場と株式市場
それぞれの市場の値動きの特徴を捉えることも、FX取引で利益を上げる為のコツといえますね。

株とFXの違い
https://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/difference-fx-stock/

FX初心者にも分かり易く! みんなの外為スタッフ

みんなの外為はFXの無料情報サイトです ドル円など主要6通貨の「リアルタイムチャート」、過去の結果と今後の発表が一目で分かる「経済指標一覧」、今後の変動予想に役立つ「FXコラム」、「初心者入門コンテンツ」、最新の「FX比較」など、勝つ為のFX情報が詰まっています!