ロスカットとは

・FXには投資家が借金を背負わない為のロスカットという仕組みがある
・レバレッジが1倍でも25倍でも、取引単位が同じであれば、損益額も同じ

FXも投資なので、やっぱり損が怖いものです。特にレバレッジ25倍と聞くと、大損をしてしまうのではないかという印象を持ってしまうのも無理はありません。でも、実際にはそんなことはありません。

1ドル100円の時

・外貨預金(レバレッジ1倍)でドルを1万ドル買った場合
(投資金額は100万円)
⇒ドル円が99円になった場合、損する金額は1万円

・FX(レバレッジ25倍)でドルを1万ドル買った場合
(投資金額は4万円)
⇒ドル円が99円になった場合、損する金額は1万円

「あれ?」っと思った方も多いのではないでしょうか。レバレッジが掛かっている分、投資金額が25分の1となるのですが、損する金額も25倍になるわけではありません。もちろん、外貨預金と同じ金額の100万円を全て使いドルを買うと大変です。25万ドル買うことになりますので、当然損失も25倍になってしまい、リスクの高いトレードとなってしまいます。

トレーダーを守るためのロスカット制度

FX会社により微妙に違いはあるものの、基本的には口座残高が投資に使用している金額を割り込んでくると、強制的にトレードは終了となり、これ以上の損失の拡大は免れます。

ロスカットの仕組み。Force loss cut
口座に10万円を入れていて、ドル円が100円の時に1万ドル(4万円の資金が必要)を購入。
思惑が外れてしまい、ドル円が94円に下がった時には損失は6万円となっています。
取引に使用している金額は4万円ですので、ここで強制的にロスカットの発生となります。

投資口座10万円-トレード必要資金4万円-損失6万円=0円(ロスカット発生!!)

何だかネガティブな言葉に思える「強制ロスカット」ですが、見方を変えれば、この仕組みのお蔭で投資家は資産が守られているのです。
では、もしこの仕組みがないとどうなるのでしょうか。

取引口座に5万円入れていて、ドル円を1万ドル(4万円必要)買ったとします。
損切り注文を入れていない時に、リーマンショック並みの大暴落が起きたとします。
すると、ドル円のレートが10円下がってしまったら、保有ポジションはマイナス10万円の損失を抱えることになります。
しかし、口座の中には5万円しかないので、差額の5万円はFX会社への借金ということになるのです。
「追証」という言葉を聞いたことがある人もいると思いますが、この借金=追証なのです。

「強制ロスカット」は投資家が借金を背負わない為の仕組みであると同時に、FX会社が損失を抱えないための仕組みでもあるのです。皆さんは、強制ロスカットされないためにも、資金管理に気を付けてトレードするようにして下さいね!

BIDとASK -FXレートの見方-

FX初心者にも分かり易く! みんなの外為スタッフ

みんなの外為はFXの無料情報サイトです ドル円など主要6通貨の「リアルタイムチャート」、過去の結果と今後の発表が一目で分かる「経済指標一覧」、今後の変動予想に役立つ「FXコラム」、「初心者入門コンテンツ」、最新の「FX比較」など、勝つ為のFX情報が詰まっています!