雇用統計イベントリスクを避けて本日は指し値は置かず

【著者】

7時半過ぎに115.00を突破して上昇したドル円は、早々に115.20手前まで上がり、その後115.10を固くして115.25へ。115.25近辺で3回上値を止められて115.146まで緩んだが、午後2時前に115.30突破。そのまま上値トライとなって午後5時過ぎに115.492まで高値を追ったが115.50ブレイクは失敗。115.40が割れています。

雇用統計前にロングの調整が入るか、それとも115.50を突破するか微妙な動き。
雇用統計の数字はどんな数字でも、3月15日の利上げはほぼ100%織り込んでいる状況。

114円台ミドルが重たいままで 雇用統計を迎えた場合には115.00の防戦売りもあって、よい数字でもSell on the fact と考えていたが、流れが変わってきた。
115.62超えたら116.87、そして117.53、118.66が上値抵抗線。
数字が悪くても114.50~114.20はサポートか?

今晩は雇用統計のイベントリスクを避けるため、指し値は置かず。

<Eur Dlr>

今晩は雇用統計のイベントリスクを避けるため、指し値は置かず。

3月10日
18:15PM

ドル円   115.406-409
ユーロドル 1.06106-110

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら
銀座伝統の味!味の決め手は秘伝のルー!3種のカレープレゼントキャンペーン!

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう! 小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役