イーサリアム(ETH)が史上最高値更新中!

【著者】

イーサリアムの上昇が止まりません。

2月末日に行われたエンタープライズ・イーサリアム・アライアンスが発足したことをきっかけに徐々に上昇。これには、JPモルガンをはじめ、UBS、マイクロソフトやインテル、中国の企業など名だたる企業が名を連ねています。

『ビジネス特化型ブロックチェーンの技術開発を進めていく』との発表がありました。

昨年、DAOの問題(※DAOのSplit機能を悪用した360万ETHの盗難)により、一時イーサリアムが急落しましたが、その後は徐々に値段を回復。
イーサリアムを二つにわける、イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)という通貨に分岐し、種類を2つにしました。
(参考:ハッキングによりDAOから失われた360万ETHと残された激動の27日間

当時は賛否両論でしたが、現状ではうまくいったと言えるでしょう。

このコミュニティが発足したことにより、新たなイーサリアム誕生があるかもしれません。初代イーサリアムをベースに新しい技術を搭載した仮想通貨誕生にも注目です!

(参考:Enterprise Ethereum Alliance

仮想通貨は土日最高値を更新しやすい?

ETH/BTCは3月10日あたりから噴き上がり始めました。

土日は金融市場がお休みの影響かもしれませんが、経験上、仮想通貨市場は活況となります。そのため、土日に最高値を更新しやすいので、今週末は大注目かと思われます。

ETH/BTC

ご覧の通り、エビぞり式に上昇です。

ビットコインがこれだけ上昇をしているのにも関わらず、イーサリアム/ビットコインが3倍近くまで上昇しました。

現在、1イーサリアムは、日本円にして5000円~6000円前後で推移しています。

時価総額も本日付で5000億円を突破し、仮想通貨市場で2番目の地位を確立しつつあります。(3位はDASHの680億円)

これまではビットコイン独り勝ちでしたが、ビットコイン時価総額が現在2兆円前後ですから、仮想通貨市場のシェアも大きな変化がみられてきました。

今月はイーサリアム(ETH)に大注目となりそうです。

【おすすめ記事】

誰がビットコインを作ったか?
今更聞けない!?ビットコインに関する基本ワード
【bitFlyer】ビットコイン(Bitcoin)用語集

資料参考元:bitFlyer
(ビットコインやイーサリアムがトレードできる、国内最大取引所&ビットコイン・ブロックチェーン企業)

ビットフライヤー

ひろぴー

脱サラに成功した専業トレーダー ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン