今さら聞けない!?ビットコインに関する基本ワード5

【著者】

ビットコインに関する基本ワード集もシリーズ5話目になりました。

少しずつ、ビットコインユーザーしか使わない言葉になってきます。

ビットコインを保有したときは必ず耳にする言葉ですから、覚えてるようにしておいてください。

トランザクション

これは取引履歴のことを指します。

基本ワード1話目でお話に出てきました、アドレスですが、自分のアドレスから他人のアドレスに送金した履歴のことを指します。

このトランザクションは公開型となっており、誰でも覗き見ることができます。

個人情報が洩れるという意味ではなくて、ビットコインアドレスが公開されているだけですのでご安心ください。

ハッシュ

ハッシュ、ハッシュパワー、っといった用語も聞くことになります。

ブロックとブロックをチェーンでつなげる際に、前のブロックのハッシュ値と後ろにつなげる新しいブロックのハッシュ値を適合させるためにハッシュ値を計算するといいます。

1hash/s ⇒1秒間に1ハッシュの計算したということになりますが、1メガハッシュ、1ギガハッシュ、1テラハッシュといった単位も存在します。

ちなみにハッシュレートという言葉もありまして、マイニングするハードウェアの計算力の測定単位のことです。

関連記事

今更聞けない!?ビットコインに関する基本ワード
・今更聞けない!?ビットコインに関する基本ワード2

【bitFlyer】ビットコイン(Bitcoin)用語集

資料参考元:bitFlyer
(ビットコインやイーサリアムがトレードできる、国内最大取引所&ビットコイン・ブロックチェーン企業)

ビットフライヤー

ひろぴー

脱サラに成功した専業トレーダー ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン