(今更聞けない!?)ビットコインに関する基本ワード2

【著者】

前回に引き続き、ビットコインワードをQ&A方式で紹介します。

Q1.マイニング
Q2.マイナー

Q1.マイニングって何?

英語で「採掘」っという意味を持つ単語です。

イメージ的には、「ビットコインをインターネット空間から掘り当てる作業」っといったニュアンスでいて頂ければ結構です。

おそらく、ゴールドラッシュをイメージして作られたんだと思います。

いわば、現代版のゴールドラッシュです。

マイニングするっと聞けば、ビットコインを掘り当てにいくんだな、っというイメージで結構です。

【実際のマイニングしている人の行動】

もちろん、ビットコインをスコップで掘り当てるわけではありません。

使うものは、スーパーコンピュータと電気代です。

世界中で日々、技術者たちがブロックチェーン上のネットワークで計算処理を行い、最もこの仕事(計算処理)を早く終えたものに、ビットコインの報酬が与えられる仕組みなっているのです。

その報酬は12.5ビットコインです。

現在の価値で(1BTC12万円の計算)150万円の報酬を得られることになります。かなりの高額報酬です。

これが毎日、10分おきに世界中で戦いが繰り広げられており、技術者が凌ぎを削って高速計算処理を行っているのです。

この高速計算処理のおかげで、強固なネットワークを保持することができ、ブロックチェーンの仕組みを支えております。

Q2.マイナーって何?

このマイニング処理を行っている技術者を「マイナー」とも呼びます。

世界中にマイナーがおりますが、主に中国の山奥でマイニングされているようです。

スーパーコンピュータを並べて、電気代の安い新興国でファンやクーラーをフル稼働させながらコンピュータのマザーボードを冷やして効率をあげているようです。

ちょっと信じられない光景ですが、実際にはそのようにしてビットコインが生まれてきております(笑)

 

【おすすめ記事】

誰がビットコインを作ったか?

今更聞けない!?ビットコインに関する基本ワード
【bitFlyer】ビットコイン(Bitcoin)用語集

資料参考元:bitFlyer
(ビットコインやイーサリアムがトレードできる、国内最大取引所&ビットコイン・ブロックチェーン企業)

ビットフライヤー

ひろぴー

脱サラに成功した専業トレーダー ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン