ドル円のレベルに変化なし 明日はCPIや小売売上高=NY為替チェック

10/13(金) 00:58

 一連の米経済指標を通過してドル円は112.40近辺で推移している。細かい上下動はあるものの、基本的にはレベル感に変化はなく、112円台でサポートされているものの上値は重い状況。

 朝方、新規失業保険申請件数や生産者物価(PPI)の発表があり、伴に予想を上回る数字で、相応の反応も見られたものの、一時的な動きとなっている。

 前日のFOMC議事録では、大半のFOMCメンバーは年内利上げに前向きな姿勢を示しているものの、低インフレには懸念を示している様子がうかがえた。

 今後の利上げに関しては指標次第といった雰囲気だが、その意味では明日の9月の米消費者物価(CPI)は注目される。予想では食品・エネルギーを除いたコア指数で前年比1.8%の上昇が見込まれている。8月までの4ヵ月間1.7%が続き、インフレ鈍化傾向に一服感も出てきている中、予想通り1.8%であれば、ポジティブな反応も期待できそうだ。

 そのほか、9月の小売売上高も発表される。ハリケーン後の復興需要から高めの予想が見込まれている。ただ、特殊要因でもあり、今回の数字をどう捉えるかは未知数な部分も多い。

USD/JPY 112.39

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

出所:KlugFXニュース(株式会社みんかぶ)


トップへもどる