【海外市場の注目ポイント】9月の米消費者物価指数など

10/13(金) 14:20

 日本時間午後9時半に9月の米消費者物価指数が発表される。総合の大方の予想が前年比2.3%上昇、コアの大方の予想が同1.8%上昇となっており、総合、コアとも、前年比の伸びがそれぞれ前月の1.9%上昇、1.7%上昇から加速すると見込まれている。前日発表の8月の米生産者物価指数は、総合の前年比の伸びが予想通り、コアの前年比の伸びが予想を上回る結果となった。9月の米消費者物価指数も予想通り、もしくは予想を上回れば、米国のインフレ低迷懸念が後退し、ドルが買われる可能性がある。
  
 また、日本時間午後9時半には9月の米小売売上高も発表される。総合の大方の予想が前月比1.7%増、自動車を除いた大方の予想が同0.9%増となっており、前月比では総合が2カ月ぶりに増加、自動車を除くと3カ月続けて増加するとみられている。
  
 さらに、日本時間午後11時には10月の米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値も発表される。大方の予想は95.0となっており、前月の95.1を下回り、2カ月続けて低下すると見込まれている。
  
minkabu PRESS編集部

出所:KlugFXニュース(株式会社みんかぶ)


トップへもどる