小反発、ドル安から買い戻され自律修正高=NY原油概況

08/12(土) 07:08

NY原油先物9月限(WTI)(終値)
1バレル=48.82(+0.23 +0.47%)

ブレント先物10月限(ICE) 51.99(+0.09 +0.17%)

ニューヨーク原油は小反発。国際エネルギー機関(IEA)が発表した月報で7月の世界原油生産高が前月比で23万バレル増の日量3284万バレルとなり、今年最高を更新したことで序盤から中盤にかけ小幅安となり、期近9月限が48ドル割れを試す場面があった。しかしドル安に支援され買い戻され、プラスサイドに浮上し、自律修正高となった。

            (みんかぶ)

出所:KlugFXニュース(株式会社みんかぶ)


トップへもどる