ドル買い優勢でドル円も下げ一服=NY為替

02/18(土) 00:55

 ドル円は112円台後半での取引となっている。きょうは戻り売りが強まり一時112.60付近まで下落する場面が見られた。ドル売りというよりもむしろ、円買いの動きがドル円を押し下げている。ただ、NY時間に入ってドル買いの動きも出ていることから、ドル円も下げ一服といったところのようだ。

 株式市場に高値警戒感が出ており、今週の重要イベントの通過や、週末の米国市場が3連休となることから、調整の動きが出ているものと思われる。また、本邦機関投資家の売りが活発に観測されているが、3月の決算期末に向けた動きも出ていたのかもしれない。

 ただ、先ほど開始した米株式市場も売り先行で始まったが、ナスダックは直ぐにプラスに転じるなど地合いの強さもうかがえる。ダウ平均もいまのところは、下げ幅を拡大して行く様子もない。

 目先は113円台を回復できるか注目となる。

USD/JPY 112.88

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

出所:KlugFXニュース(株式会社みんかぶ)


トップへもどる